ミクシィで情報販売するメリット



ミクシィ情報販売する最大のメリットはやはり市場の大きさでしょう。

昨年2007年に登録者数が1500万人を超えました。

もちろん中には一人で10個も20個もIDを持っている人もいますし、IDを削除された人もいますから、単純にID番号=登録者数ではありませんが、それでも東京都と同じくらい、日本の人口の10%くらいはいるのかもしれません。

しかもそれぞれがプロフィールで「趣味」を公表していますし、様々なジャンルのコミュニティが発達していますので、いわゆる「属性」ってやつ、この人はこうゆう分野に興味があるっていうのが検索かけると出てくるわけです。


ダイエットコミュニティに入っている人にはダイエット商材を、アフィリエイトに興味ある人はアフィリ商材を紹介すると成約する可能性も高まりますよね。



また、ミクシィにはマイミクという機能が付いています。

ミクシィ内での友達をマイミクと呼び、ミクシィで日記を書くと、マイミクのトップページに日記の題名が自動的に表示されます。

マイミクが多いと日記を書いたとき、それだけ多くの人に自分の日記を読んでもらうことができるんですね。



マイミクは一人で最大1000人持つことができます。
もちろん複数のIDを使ってそれぞれマイミクを1000人にすれば、それだけ多くの人のトップページに自分の日記の表題を表示させることができます。



賢明な皆さんにはもうお分かりだと思いますが、ミクシィ日記ってメルマガの代わりになるんですよ。

実際、自分のメルマガを日記に転載させてる人もいますからね。


そこでさっきの属性ですが、特定の分野に興味を持っている人を重点的にマイミクにして、そこに日記を使って商材を紹介すると販売ページに楽に誘導することが、できちゃうんです。



メルマガ発行者」よりも「マイミク」という立場のほうがより親近感がもてますから、メルマガよりも開封率は高いんじゃないかと思います。

根拠のない予想ですけど。


あとはもう、マイミクをどんどん増やしていくだけ。

私以前、毎週100人ずつマイミクを増やしていったことがありました。ID削除されたら困るんでセーブしながらで100人です。もっと早いスピードで増やすことも可能ですよ。


これですと10週間、2ヵ月半で1000人です。

これを10個のIDを使って同時進行させたら、2ヵ月半で属性の濃い読者1万人のメルマガを持つのと同じことになるんですよ。


いまやアフィリメルマガブログを連動させてって方法が主流のようですけど、ミクシィはその両方が短時間に、しかもただで実現できちゃうんです。


で、もっとよく知りたい、実際に稼ぐにはどうするの?って人は
● 2月29日 23:59 販売終了 ミクシィ 入学アフィリエイトで月収51万円



次回はミクシィのメッセージについて書きますね。
 
posted by 大明堂 at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミクシィ入学アフィリ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。