今日からはじめる洋書せどり

けんもつ式 今日からはじめる洋書せどり

ここで言うせどりとは、古本なんかを安く買ってきて、別の市場で高く売って儲けを出すってことです。たぶん。
で、洋書でそれをやると。


私も以前よく本屋で洋書を見ていた時期がありました。カントリーハウスやガーデニング、動物の写真とか、ぬいぐるみとか。文字は読んでも分からないので写真集をよく見てました。

文化の違いってのもあるんでしょうね。余暇や収入を将来に備えて、では無く、趣味や生活を楽しむために使う。そういう人のための写真集が洋書には数多くあります。

中でも印象に残ったのは刺青(タトゥー)の写真集でした。頭の毛もきれいに剃って、頭のてっぺんから瞼(まぶた)も含めて、目玉以外ほとんど全身にタトゥーを入れた人たちの写真。
黒一色の人もいればカラフルでポップなタトゥーもある。
また、そういう人たちのコミュニティーもあるようで、とても衝撃を受けました。

日本の本屋さんですぐに手に入るのはそんな洋書のごくごく一部です。
欲しいのに手に入らない、そんな人たちの需要を満たす洋書せどりは儲かりますよ。
けんもつ式 今日からはじめる洋書せどり
posted by 大明堂 at 07:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | オークション
この記事へのコメント
よくあることとは思うんですが・・・私もよくあります(汗
Posted by うちゃ at 2006年05月22日 02:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。