オークション商品をキレイに撮影する方法

超簡単オークション商品をキレイに撮影する方法

インターネットを使ったオークション、入札する側は実物を手にとって見れないので、商品の色や形、状態(新品、中古、使用状況など)、あるいは詐欺に引っかからないよう商品自体が本当に存在するのかどうかまで、客観的に確認する手段としては写真しかないわけです。

とうぜん手ぶれや露出不足の写真だときちんと判断できませんから、どんなにいい出品物でも入札に二の足を踏んでしまいます。

逆に言うと、くだらない商品でも写真がとてもきれいだと、それだけで入札金額が上がったりすることもあるんです。


商品説明やタイトルの付け方等はどうしても個人的な能力の限界がありますので、ここからさらに入札金額を上乗せさせるためには表示される写真で判断してもらう、ということになります。
きれいに撮れていれば高くなるし、汚く撮れていれば入札が少なく、金額も安くなってしまいます。
これがチョー簡単にできるってことであれば、たくさん出品される方にはとても助かりますよね。
超簡単オークション商品をキレイに撮影する方法
posted by 大明堂 at 23:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | オークション
この記事へのコメント
よくあることとは思うんですが・・・私もよくあります(汗
Posted by うちゃ at 2006年05月22日 03:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。